メインイメージ

廃車をするのにかかる料金

廃車をするのにかかる料金

廃車をするとなると、負担に感じるのがかかる料金です。もう乗らない車なので、できれば安く抑えたいと思うものです。しかし、実際にスクラップするのにかかる料金と、手続きにかかる料金と2つの費用が掛かります。もし、業者に代行して行ってもらうなら、別途手数料もかかってきます。この料金が気になってためらってしまう方もいるでしょう。では、いったいどのくらいの料金がかかるのかをチェックしてみましょう。前もって知っておけば、資金の準備も心構えも出来て安心して廃車処理ができます。

まず、廃車の中でも永久抹消登録についてです。この場合は手続きをする前にリサイクル料を払わなくてはなりません。これを支払っていないと、廃車手続きができません。金額は車の型式などで異なってきます。普通自動車で1万円から3万円程度、軽自動車で7千円から2万円程度となっています。自分で支払ってもいいですし、業者に代行してもらうなら、併せてお願いすることも出来ます。ただし、平成17年2月以降に車検を通したことがある車なら、その時にリサイクル料も徴収されています。ですので、新たに支払う義務は発生しません。自分の車が該当しているのかをチェックすると良いでしょう。では、実際に陸運局へ行ってからの手続きです。陸運局では必要な書類とナンバープレートを提出します。この必要書類の中に、手数料納付書と言うものがあります。これはかかる手数料を印紙で納付する仕組みになっています。書類は陸陰極に用意してあるので、前もって記入してもいいですし、当日にその場で書いても構いません。この手数料は廃車の種類によって異なります。永久抹消にする場合は、印紙は不要です。しかし、一時抹消の処理にするときは350円の印紙が必要です。もし、自分はいくらなのかわからない場合は、調べたり、職員に尋ねると確実です。この他に、解体するなら、その料金もかかってきます。値段は業者によって異なります。また、処理も代行してもらうなら、その分も多くかかります。

廃車手続きにかかる必須の金額は意外と少額です。ただ、業者にどこまで頼むのかによっても大きな差が出ます。自分でできるところは自分でやると、低く抑えることも出来ます。また、時間がない方なら代行してもらっても、負担になる様な金額にはなりません。何よりも大切なのは、処理をもれなく適切に行うことです。そうためには、ある程度の情報を知っておくと安心です。”

最近の投稿

バナー