メインイメージ

一時抹消と永久抹消

廃車には一時抹消と永久抹消とがあります

自動車の廃車には一時抹消と永久抹消とがあり、一時抹消の場合には再度ナンバープレートを付けて乗ることが可能です。無論、物理的にスクラップにしている場合は不可能ですが、中古車などの場合はいったんナンバープレートを外して、この一時抹消の形にしておくことがよくあります。中古車販売業者の展示場でナンバープレートが付いていない車両のほとんどが、この状態です。それに対して永久抹消は、解体等によりすでに自動車自体が存在しない場合に、この廃車方法となります。具体的には、ナンバープレートごと解体すなわちスクラップにした時などで、ナンバープレートを付けようにもそもそも自動車そのものが存在しないために、自動車の存在自体を永久に抹消するというものです。

廃車はただ単にスクラップにした状態を指すものではなく、運輸支局等で所有者の了解の元でしっかりと手続きを行いその自動車の所有者がいなくなる状態にすることです。つまりその自動車については誰も所有していない状態にしてしまいます。ただ、廃車をしていても物理的にその自動車が存在する場合には、また乗れる手段があるというわけです。この廃車で気を付けるべき点としては、所有者の了解が必要です。そのため、車検証上の所有者の印鑑登録証明を求められます。このとき、その自動車を所有権留保付売買つまりローンで購入している際には、ローンを完済しないと原則として所有権の解除を行ってもらえません。まずはローンの完済が先だということです。

この廃車の手続きによりその自動車における所有者がいなくなることになりますが、この手続きには自発的に行う一時抹消と永久抹消の他に、所有者の意思ではない職権抹消と呼ばれる方法が存在します。運輸支局においてその職権で抹消を行うというものです。この抹消登録では、車検が切れて久しい場合などにおいて所有者に対して職権抹消の通知が届きます。その際に異議申し立てを行わない場合には、そのまま職権で抹消されてしまうというものです。ただ、車検が切れていてもそのまま残したいという所有者の意思がある場合、ローンが残っていて抹消されたら困るという場合など状況が様々ですので、一概には処理はできません。また、この永久抹消の場合でも再度車検を受けて乗ることは可能です。つまり、一時抹消と同じ扱いということになるものであり、車検が切れていても自発的に抹消登録が面倒だという人にとっては、楽なやり方ではあるでしょう。”

最近の投稿

バナー